医学系予備校に通う事で得られるスキルや経験

医学部受験に特化した情報や勉強方法

医学部受験は試験の難易度が高いことはもちろんですが、各大学によって試験の傾向にも特色があります。医学系の予備校に通うことで、無駄な勉強はせずに医学部受験のみに特化した勉強をすることができます。また、医学系予備校では、医学部受験に対するノウハウを兼ね備えています。大学受験成功のカギは情報戦ともいわれています。各大学の医学部受験の情報に精通していることが医学系予備校の最大の強みです。

医学部受験では、小論文が課されるケースも多々あります。医学部の試験で課される小論文は、やはりテーマも専門的なものが多くなります。一般的な予備校では、小論文対策も幅広いテーマで演習することが多いです。一方で医学系予備校であれば、医学や生命、福祉など専門的なテーマに絞った小論文演習をすることができて効率的です。

同じ志を持つ仲間と高めあえる経験

医学系予備校に通う生徒は、将来医学の道に進みたいという熱い思いを持っている生徒がほとんどです。単に成績が良いだけではなく、自分は必ず医師になるという強い意志を持っている人が集まる傾向があるからです。同じ志を持つ仲間と切磋琢磨する経験は、貴重な体験となります。将来、医師になった時にも同じ時に予備校で学んだ仲間と横のつながりを持ち続ける医師は多いものです。 また、医学系予備校の講師も、かつて医学部受験を経験した人が多くいます。その時の体験談は、受験勉強が辛い時の励ましとなるでしょう。また、実際の医学部の勉強内容や大学の様子などこぼれ話を聞くこともできます。このような経験は、医学部受験へのモチベーションをあげるためにも大切な経験といえるでしょう。