予備校通学に掛かるリスクとコストとは

相性の良い講師に出会える?医学系予備校のリスクとは

医学系予備校は、医学系の大学受験に特化した予備校です。医学系合格のためのカリキュラムが整えられており、医学部の大学への近道であると言えるかもしれません。しかし、医学系予備校にもリスクはあります。例えば、医学系予備校では、講師のカズが少ない場合が少なくありません。医学系の受験専門であるため、予備校自体の規模が小さいのです。必然的に講師をはじめとしたスタッフの数は少なくなります。予備校に通うのであれば、説明が理解しやすく、自分と相性が良い講師の講義を受けられることは非常に重要なことですよね。講師数が少ない医学系予備校では、自分にとって分かりやすい講義を行ってくれる講師に出会える確率は、大手予備校に比べると低いと言えるでしょう。

100万円超は当たり前?予備校通学にかかるコストは

医学系予備校は、コストがかかります。医学系予備校の最大のデメリットと言えるかもしれません。スタンダードな通常コースなら100万円から300万円という高額な授業料がかかる予備校が多いです。さらに、苦手科目の講義を追加したり、個別指導などを加えると、さらなるコストがかかることになります。大手予備校では50万円から100万円程度のところが多いので、高めであるとも言えるでしょう。また、模試代や合宿費用が別にかかることもありますので、注意が必要です。 各予備校によってシステムや費用、それにまつわるリスクは異なってきますので、各校の特徴や自分との相性を調べながら、どのように医学系を目指していくか考えていくといいでしょう。